Blog

【社員インタビュー/05】2021年6月中途入社 ウェブディレクター異職種からのキャリアアップを目指した転職、コルシスに入社してみた実際の本音は? 入社6か月の同期2名にお話しを聞きました。

コルシス広報 働き方

こんにちは! コルシス広報部です。

今後コルシスで一緒に働く将来の仲間へ、担当させていただき一緒にプロジェクトを進めさせていただいているクライアント様やパートナー企業様へ。コルシスがどんな会社なのか、どんな人がいるのか!? コルシスの‟人となり“を知ってもらいたいとの思いでスタートした社員インタビュー(前回記事はこちら)。

今回は、約半年前に中途入社した同期2名にインタビューしました!

仙石 知沙

2021年6月入社

異業種のIT事務からコルシスのウェブディレクターへ転職。コルシスの運用チーム立ち上げに参加し、現在は再編成されたウェブディレクターBチームへ。2児の母として子育てに奮闘中。

寺井 桃子

2021年6月入社

旅行業界からコルシスのウェブディレクターに転職。初めはサポート業務メインにアシスタントディレクターとして勤務、現在は再編成されたウェブディレクターAチームへ。アイコンはご家族のモモンガ。

コルシスでは珍しい同期がいる中途入社をされました。コロナ禍での転職、それぞれのライフスタイルでの就業への不安、また中途入社の同期ってどんな感覚? などなど。

同じWEBディレクターというポジションで採用されたお2人ですが、経験や感じ方は異なるもの。リアルで素直な意見をお話ししてもらいました。

oshinagaki_.png
こちらが今回のインタビューのお品書きになります。ではいってみましょう!!

―まず、お2人は全く違う業種からの転職だったかと思いますが、どんなお仕事をされてきたのですか?

寺井(以下T):

以前は航空業界でキャビンアテンダントをしていました。想像がつくかと思いますが、体力勝負だったり時差が激しかったりして、この先も長く働き続けることが難しいと考え、長く勤められるところに30歳前に転職したいなと思い旅行業界へ転職したんです。

ちょうど会社に入社したタイミングと同時に、横浜で旅船からコロナが日本に上陸しました。海外旅行のツアーを企画するポジションだったので完全に一つも仕事が進められないような状況になってしまいました。半年くらい会社が休業状態で先が見通せない状況だったので思い切ってもう一度転職をしようと思いました。

広報(以下K):

鮮明に思い出します、あの頃は旅行業界が大ダメージを受けていましたね。

仙石(以下S):

私は大手自動車メーカーに常駐してキャンペーン事務局の運用に携わっていました。途中子供の出産を経験しましたがトータルで3年ほど。所属先がリードナーチャリングするDX部署付で、例えば車が当たるキャンペーンなどの応募者にメルマガを打ったり、ディーラーからテレアポするためのリストを作成したり。個人情報を扱うデータ処理がメイン業務でした。

K:マーケティング寄りのお仕事をされていたんですね。なぜ転職をしようと思ったのですか?

S:前職ではゴールが決まっていることに対し、いかにミスなくこなすかというスキルが求められるものでした。プレッシャーというか常に嫌な緊張をしていて決まったことをいかに正確にこなすかということは面白味という点で物足りなさがありました。逆にキャンペーンの企画やLP制作する側の「アイデアを形にしていく」姿に自分もそういう業務に携わりたいと思うようになりました。

―コルシスに応募するきっかけは何でしたか?

S:私たちって「女の転職type」だったよね?確かコルシスがちょうど幅を広げていろんな業種の人を積極採用しようとしていた時期の求人だったと思います。ポテンシャル採用のような求人でした。

K:キーワードというか、何か求人内容で引っかかったことはありますか?

T:元々航空業界でしたので、航空業界との取引があるという実績にとても興味がありました。自分の知っている業界だとなんとなくどのようなものを作っているかなどイメージが湧きやすかったですね。育休取得中の女性が在籍されていたり、出産後も活躍できるということが書いてあったのでそういった点でも安心して応募しようと思うきっかけになりました。

S:先輩社員の方がすごく笑顔で掲載されていて、パワフルな印象でめっちゃ仕事できそう!(笑)って思ったので、どんな会社なんだろうってすごく興味が湧きました。やっぱりどういう人がいるのか気になるっていうのは本音です。また、今まで客先常駐だったこともあり、どれだけ頑張ってもなかなか自社に貢献できているという実感が持てず、転職するのなら自社勤務がしたいと思っていました。子供がいるので柔軟に働ける環境がいいなと思ったし、そんな環境で頑張るからには評価されたりモチベーションを上げられる環境がいい!と心に決めていました。

K:キャリアアップを考えた時、いかに自分がやりがいを持ってスキルアップできるか。ライフステージによって柔軟に長く働けるかという点を重視されていたということですね。

bunki.jpg
人生の中でも転職は大きな分岐点の1つですので、2人の言葉になるほど~となりました!

―お2人ともウェブディレクターで入社されていますが、お仕事内容を教えてください。

S:入社当時は運用ディレクターとして色々な案件に携わっていたのですが、今はプロジェクトごとにメンバーが割り当てられており自分が担当しているクライアントのウェブサイトリニューアルから、運用の細かいところまで携わっています。お客様と直接やりとりするので、「ここにこのような情報を載せたいのだけどどうしたらいい?」などとご相談されることに対し、先輩の作った画面設計を見てヒントを得たり、自分で調べたり都度勉強しながら進めています。

K:大変だったことがありますか?

S:今までは決まり切ったことをいかに正確にこなすかが求められていたのに、自分で考えなくてはいけなくなりました。産みの苦しみというか、まず何から調べたらいいかわからない状態だったので常に脳が筋肉痛(笑)仕事が終わらないうちに子供の世話をしなければいけない、常に余裕がない日々で最初はとても大変でした。

運用ってとにかく細かいことが山のように降ってくるんです! もう常に壁にぶち当たってる感覚。寺井さんもそういうことなかったですか?

T:私も最初はわからないことだらけでしたが仙石さんとは配属のチームが違うので、業務内容も違う部分が多くて。私は案件のリリースに向けてディレクションするチーム、仙石さんはリリースされた後の運用を進めるチームといった違いがありますね。私は入社当初から比較的大規模なサイトリニューアル案件に携わり、メインディレクターの下でサポート業務をしていました。CMSのマニュアルを作成したりしながら、資料を作ることで自らも覚えて行けたので最初に携わっていて良かったと思っています。

今では大きな案件のサポート業務以外にも、小さい案件であれば先輩にサポートしてもらいながら一部ディレクションを担当するなど徐々に業務の幅が広がってきました。

works-coupa_1600x1000.jpg
仙石が入社してすぐ携わった大きな案件が、事例掲載もされているCoupa様でした。
寺井も様々な案件に携わっていますので今後の事例掲載をご期待ください!

S:最初は大変でしたが、リモート環境があったからこそ仕事と育児が両立できると今は感じています。

T:うんうん、私も最初は手厚く指示を出してもらっていましたが今では自分で判断できる部分が増えたことが素直に嬉しい。メンバーがとても優しくてやりやすい環境がいいなと感じています。

K:おなじ職種で採用されても案件ごとに全く違う内容のお仕事をされていたようですが、前職での経験活かされてるなあと感じたことはありますか?

S:入社した当初、コルシスで使っているCMSの仕様の洗い出しをしたことがありますが、前職で情報処理、データ集計をしていたのでその時のスプレッドシートの資料の作り方をリーダーから評価いただいたこと、クライアントとのやりとりで窮地に立ってしまった時にうまく切り抜けたりできることは前職が活きていると感じます。

T:人と接するという点ではお客様や社内と調整をつけるコミュニケーションで活かせています。一人でじっくりデスクに座って作業することも自分には向いているので、ウェブディレクターはとても自分に合ってると思います。

K:前職でやってきた経験は、どこでどう活きるかは全く未知な部分でもありますよね。思わぬところで自分の強みを見つけ、過去のキャリアからさらに挑戦する姿勢があれば未経験からでも十分成長できるポテンシャルがあると感じます。

大変だった時期はあるかと思いますが、同期という存在は心強かったですか?

S:私たちは同期入社と言っても入社4日目でリモートになってしまったので、寺井さんとは10回くらいしか会ってないです。でもふっとした時「寺井さん元気かな〜?」とか思い浮かべてslackで話しかけたり、出社のタイミングでランチに行ったりします。

sengoku.terai.jpg
今回のインタビューもリモートだったのですが、お2人とも始終賑やかに楽しく答えていただきました!

2人がコルシスの仲間入りをしたのはちょうど新型コロナウイルスの第4波の最中、本当なら1ヶ月はオフィスで研修や業務を予定していたのですが、急遽4日間のみであとはリモートに…。

幸いなことにコルシスはリモート業務でのノウハウも多く、勉強会もリモートでの実績があったおかげで、今や2人もメインのウェブディレクターとして担当する案件も!

それでも不安なことや困った場面は多くあったと思います。そんなときに同期がいるというのは精神的な支えになったのではないか、と感じます。

―今後コルシスでチャレンジしたいことを教えてください!

T:私が色々教えていただいている先輩が育休から復帰された方なのですが、小さいお子さんがいらっしゃって大変な中でも、内部外部問わず明るくにこやかに対応されている姿を見て、人としても仕事としても少しでも近づけたらなあと思っています。

K:素敵。そういう人が身近にいるってとってもモチベーションアップになりますよね!

S:外資系ソフトを展開している案件に携わっていて英語でコミュニケーションしなければならない場面も出てきそうなのですが、私は英語が苦手で・・・でもコルシスの福利厚生でオンライン英会話の受講に補助が出るのでこれをチャンスだと捉え勉強していつかGoogle翻訳に頼らず英語を使えるようになりたいです。

K:コルシスは海外出張も多いですからね!

S:そうなんです、ゆくゆくそういう仕事もしてみたいです。寺井さんは英語はバッチリですよね?

T:(控えめに)はい。もちろん機会があればぜひ挑戦してみたいです!


仙石さん、寺井さん、お2人ともお忙しい中ありがとうございました!

前職での職種は違えど、前向きにキャリアアップを目指して転職をしたお2人。ライフステージは人それぞれですが、そんな中で新しいことに挑戦する姿が活き活きしていたのが印象的でした。

それではまた次回!

ただいま中途採用の募集も行っております!

WEBディレクター

プロジェクトマネージャー

ご興味がある方、もっとコルシスのことが知りたいという方、ご応募・お問合せお待ちしております!

一覧にもどる