株式会社COLSIS(コルシス)

blog

社内スキルマップ導入の取り組み

maekoya
maekoya
2019年06月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。約2年前に入社しましたmaekoyaです。
今回は、社内の取り組みについて紹介します。

弊社colsisは、業務規模の拡大に伴い、2年前までは4人だった社員数が、今では15人になりました。組織の人数が増えると多くのメリットがあります。単純に考えると、多くの案件に対応可能になる、ということが真っ先に思い浮かびます。それ以外にも、個人では達成できない課題を組織の力で解決できたり、様々なバックグラウンドを持つ人がいることによる多様性が、組織として健全な体制を作るきっかけになったりします。

ただ、環境の変化に伴い、今までと同様なやり方では、うまく物事が進まなくなることも多く出てきます。 そのため、徐々にではありますが、課題解決につながるような取り組みをトライ&エラーしつつも進めていくようになりました。

課題のピックアップ

様々な課題がある中、共通して多く感じていたことは、以下のような内容です。

  • 誰がどういう案件をこなしているのか、何をやっているのかわからない
  • 誰が何ができるのか、何が得意なのかわからない
  • 誰に相談すべきかわからない

主に、それぞれのスキルレベルが不明瞭なことが、やり取りの手間の増加に繋り、また、物事がスムーズに進まない原因にもなっていました。

スキルマップの作成

上記課題を解決するために、社内のスキルマップを作成しました。
スキルマップについては、導入している会社も多くありますが、特にQuipper社の記事が非常に参考になります。
参考:異動のおともにスキルマップ

skill-map.png

現在、私が所属している東京事務所は、主にディレクション業務が多いため、各スキル項目は「提案書作成、見積り書作成、スケジュール立案、会議進行」等、ディレクションに特化したものとなっています。

内容としては、仕事に必要なスキル項目一覧を洗い出し、以下の印で埋めていきます。

  • ◎:得意である・自信があるもの
  • ◯:実務経験で5回以上、または3年以上
  • ▲:実務経験で5回以下、サポートしながら実行出来る
  • -:できない
  • ↗:今後伸ばしていきたい

チームのスキルを可視化することは、先に記載した課題解決にも繋がりますが、様々なメリットがあります。

  • チーム全体のスキルを把握することで、担当や役割が明確になる
  • チーム全体での不足箇所を補う気づきになり、採用の基準になる
  • 現在できていないスキル、今後伸ばしたいスキルを明確にすることで、目標やステップアップの基準になる

スキル項目の見直しや、項目をどこまで細分化するか、また、組織が目指す方向性に合わせて項目を追加したりと、定期的にアップデートが必要になるかと思います。

最後に

今回は、スキルマップ導入という内容でしたが、今後も社内での様々な取り組みや働き方を紹介していきます。
colsisは採用も募集中です。興味がある方のご連絡をお待ちしております。

maekoya
maekoya
2019/06/28
このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

お電話でのお問い合わせ

TEL:03-6805-3221
受付:平日9:30~18:30

インターネットでのお問い合わせ

お仕事のご依頼・ご相談など

営業・人材紹介など

© 2016 COLSIS inc.